燻製チップの煙が出ない理由って何があるの?

スポンサーリンク

燻製をする時に使う木材の一つにチップという木くずがあります。
それは、木くずを小さく砕いたものでありごく小さい火をつけることによって様々なものを燻製状態にすることが出来る様になっています。
しかし、チップは様々な理由によって煙が出ないという現象が起こることが多くなっているものです。
原因というのは、いろいろとあるのですが、例えば、「水分量が多い」ということがあります。
これは、チップが水分を多く含んでいたり、保管の際に水分を吸い込んでしまうということです。
この場合には、チップが従来の乾燥した状態に比べて、煙がでにくいという状態があります。
またこれと似たような理由としては、「使用期限」を過ぎている状態です。
これも、チップの水分量が、多かったり、少なかったり、従来の規定値から外れていた場合に起こります。
これに合わせて「カビ」が生えているなんていうこともあります。
初心者の方に多い理由として、「チップの使用料が多い」ということもあります。
そのため、なかなか煙が思うように出ないということがあります。また逆に煙が多くなってしまうということも考えられます。
原因を究明することによって正常にその燻製チップを使うことができるかなどということを判断することが出来る様になっているとされています。
これも燻製を学ぶ上で重要なことになります。
そして、最後に「火力が弱い」ということがあります。
これは、燻製方法が限定されますが、まず、燻製チップから十分な煙が出るまでというのは、「強火もしくは中火」が好ましいです。
煙が十分に出始めたら、「弱火」に変更するとうまくいきます。

この火力も意外と初心者の方に多いのですが、これはチップの量含め慣れないから起こることです。
これらのことから、煙が出ないなどの現象が起きた時にはチップを触ることや火の種などを確認することが重要なことであるとして知られています。
また、十分に煙が出ない場合においては燻製を最後まで行うことができないということが起こる可能性があるということから、できるだけ正常に使うことができるものを利用することが良いとされています。
また新しいチップを使用することで、出来上がりの香りにも大きく影響が出ますので、煙がでないと悩むよりもいっそ新しいチップを用意したほうが、賢明な選択になると思います。

スポンサーリンク